プロフィール

ハイジ

Author:ハイジ
ザルツブルグの自然と人々に魅せられて、ひょいと移り住んでかれこれ3年。おっちょこちょいで、怪我や病気が続く連日。それでも、ザルツブルグに魅了されてやまない私の、つぶやき日記です。コメント、大大歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
思い出の地 in Cambridge
わたくし、昔はとぉっても、とっても内気な、まじめ~な人間でした。

って、それは15歳の頃までで。

というのも、高校1年をケンブリッジ郊外のボーディングスクールハリーポッターに出てくるような私立の学校)で過ごした、その1年がすさまじく、その後の人生に影響を与えたからです。




ヘンリー8世が創立したこの寮制の学校。
隣には、673年に建てられたという、歴史ある(有りすぎる)おっきな聖堂がそびえたちます。

2007_0922berugiumMay0011.jpg


この聖堂で、凍え死ぬんじゃぁ無いか?!といつも震えながら、祈って(いや、祈らざるを得なかった)いたのを、今も昨日の事のように思い出せます...

つ、辛かった~~~

が、頑張ったなぁ~

きっと人生で一番頑張ったかもなぁ(って、高校生だから、街から逃げることすら、現実的に不可能で)


いや、でも、だから、こうして、のほほん人生に、人生変更できたってもので。

あの時の事も、今じゃいい思い出です。


ちなみに:
2007_0922berugiumMay0014.jpg

あの頃はまだ土曜日昼までしかオープンしていなかったテスコ(イギリス1大きなスーパー)も、今じゃ24時間オープン。

恐るべし、イギリス


ハイジ

スポンサーサイト
イギリス | 【2007-09-28(Fri) 02:35:08】
Trackback:(0) | Comments:(4)
完全リフレッシュ!in Cambridge
日曜の夜、ケンブリッジ(イギリス)から戻ってまいりました。

楽しかった~~~~~気が付いた!!!!

一時は歯が、ガンガン痛んでどうなることかと思ったけれどペコッ、自然と痛みも消え、とにかくリフレッシュできました。

人間、どうしても、どう努力していても、ストレスって溜まっているもので、これじゃぁいかん!と決めたイギリス旅行。

行って良かった


勿論:イギリス式朝食も毎朝バッチリ楽しんで参りました




薄切りトースト(白か、ブラウンかチョイス)、トマト味のベークドビーンズ焼きマッシュルームとトマト目玉焼き、もしくはポーチドエッグかゆで卵、スクランブルエッグ。ホテル(B&B)に泊まれば、これにジュース、ミューズリー(コーンフレーク)も付いてくる。

これに焼きソーセージ、ベーコンが付けば、それこそ“完璧イギリス朝食”です。
(私は胃がもたれやすいのでパス)


2007_0922berugiumMay0020.jpg


これは超一押し、ポーリッジ
イギリス人の友達に勧められて、3日目から頼んで出してもらいました。オーツ(麦)を煮込んだ物。とってもヘルシー

2007_0922berugiumMay0021.jpg


勿論大量のブレックファースト Teaに、ミルクを添えて...(ブレックファースト・ティーとは、正確には、その家のオリジナルブレンド。濃い目のお茶かどうかも、実はこだわりで選べる)


イギリスは、

美味しい!


ハイジ

イギリス | 【2007-09-25(Tue) 19:47:14】
Trackback:(0) | Comments:(4)
格安航空会社
来週火曜日から、たったの6日間ですが、イギリスのケンブリッジ(以前高校、1年間滞在)に行ってまいります。

今回、初めて利用する“Ryanair”(ライアンエア)会社

俗に言う“格安航空会社”です。

往復200€しないで航空券が買えました

ザルツブルグから、直接ロンドンに行くには、この飛行機会社しかなかったので、ネットで航空券の手配。

が:


やけに規約が多く、一つ一つの規約に対して「了解したらOKボタンを押してください。了解後、問題があっても、変更できない、もしくは変更料金が掛かります


敢えてそう言われると、妙に不安になって、各々の規約をじっくり読むのに、妙に時間がかかります。

そして:

チェックインする荷物、一つ一つに加算。
税金が、一つ一つに加算。
前もってオンラインチェックインをしておかないと加算。
質問したくて電話をしても:「この電話は一分60セント加算されます」のアナウンスが永遠と流れるだけで、誰も受話器に出ない…


ま。

ロンドンの空港はチェックインでの検査が厳しくて、結局帰りの便では、荷物の量をきちんと守らなくちゃいけないので、今回は
「ただ行く・連れて行って頂く」位のつもりで


何事も体験です。





イギリス | 【2007-09-14(Fri) 18:07:05】
Trackback:(0) | Comments:(2)
イギリス家庭では欠かせない:コールスロー
@-@-


イギリスの家庭に15歳でホームステーしていた時、イギリスの家庭の味を身につけた

例えばこれ↑

コールスロー

なんでもないように聞こえるかな?

でも、イギリス家庭では欠かせない、外せない、なんだか お漬物、みたいな奴

それも、大抵、みんなスーパーで買ってくる。


ケンブリッジに行ったとき、懐かしくって買ってみたよ。


ふむ。
お味の方は:

ドイツ、オーストリアのそれより、“サッパリ”していますね

マヨネーズがくどくない。

そう、ケンタッキーフライドチキンの、別売りのコールスローの味に近い!


イギリス料理は、まずい、って世界的に有名だけど、15歳で、1年間、イギリス料理に浸っていた私…

私の味覚は…

え、イギリス仕込?!?!


イギリス | 【2006-09-17(Sun) 11:54:31】
Trackback:(0) | Comments:(2)
学生と緑の街、ケンブリッジ
:@pじょい


今回のイギリス滞在。

ケンブリッジだけ に寝泊りしました。

えええ、ロンドンは?って思う?

でもね、ロンドンに着いたとたん、パリ、東京での生活=時間が無い!、をフラッシュバックかの様に思い出した私。

何も考えず、ケンブリッジに直行。 即、ロンドンのホテルはキャンセル

それでは、ケンブリッジの素敵な景色をどうぞ

:@pじょい


いおお9



l;おぉl


;pp;p


観光客が溢れていたものの、皆芝生の上でのんびりしたり、ケム河のボート乗り(ベニスのボート乗りから、発案したそうです)を満喫したり。。。

のんびりとした、田舎の時間が流れていました…

おっと。ここで、イギリスのベジタリアンには欠かせない?マリマイトをご紹介。

確か、以前イギリスに住んでいたときは、ベジマイト、だと思っていたのに?!
私の記憶違いか、それとも新製品か?

お味の方は、以前と変わらず、えぐい、の一言に突きます(ビタミンB,等ミネラルタップリの、オーストラリア製品です)
liiii


イギリスに来た際は、是非、このえぐい味を、お試しあれ。

イギリス | 【2006-09-12(Tue) 13:31:00】
Trackback:(0) | Comments:(5)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。