プロフィール

ハイジ

Author:ハイジ
ザルツブルグの自然と人々に魅せられて、ひょいと移り住んでかれこれ3年。おっちょこちょいで、怪我や病気が続く連日。それでも、ザルツブルグに魅了されてやまない私の、つぶやき日記です。コメント、大大歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
「ブーリン家の姉妹」を通して

この秋、日本公開予定の映画、「ブーリン家の姉妹」:


ブーリン家の姉妹

これを、たまたま旅行中の飛行機の中で見たのですが、流れてきには「エリザベート」に似ています。

ま、歴史モノは大抵に通った雰囲気なのですが。

何が一番凄かったかと言えば、姉妹間の裏切りとか愛情とか言った、ありがちなテーマではなく、むしろ、「生き残るために…姉と弟が関係を持とうとする」所。でも、当然弟は…

このシーンの緊張感が一番印象的でした。



日本の公式ホームページを見て思うのは、マーケティング大国日本のなせる業的コマーシャルだな、ってところですね。

何気なく見ていた私は、あまり気に留めないであろう場面を大きくピックアップ。。。


そして、こういったことで思うのは、マーケティングが大きくはびこらないオーストリアに住むことができて、本当に幸せだってことです:モノを、モノとして、事実を事実として見る・感じる機会と時間、余裕があるということです。

モノや事を、どう捕らえて、どう解釈するかについて、あまりどうこうか情報が氾濫していないって、生きるうえでとっても楽。自分らしく生きていける、すばらしい環境です。


こんな素敵な環境、素敵な国に出会えた私は、本当に幸せだぁ…
スポンサーサイト


未分類 | 【2008-09-11(Thu) 07:16:48】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。