プロフィール

ハイジ

Author:ハイジ
ザルツブルグの自然と人々に魅せられて、ひょいと移り住んでかれこれ3年。おっちょこちょいで、怪我や病気が続く連日。それでも、ザルツブルグに魅了されてやまない私の、つぶやき日記です。コメント、大大歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
マキシミリアン
昨日、ばったりスポーツクラブでマキシミリアンに会いました。

その前に、電話でイギリスから戻っていると聞き、
「じゃあ、次の木曜日のレッスンで!」って行ったばかりだったのでビックリ。

でも。。。

見つけたときのマキシミリアン…

ジムのマシンの上で、ぼーーーーーーーーーーーーと、目は飛んでいて、元気なし。


相変わらず、ヘアスタイルはバッチリだったから安心。

でも、その後も、腹筋台の上で額に両手を合わせて目をつぶっているし。。。。


2回ほど、本で、
「おい。こりゃ!」ってバシ、って殴ってみたけど(笑いながら)にこ、って笑うだけでいつもの元気なし。


そりゃそうだよね。。。

ブログだから私も話すけれど、お父さん、もう足は動かない。。。


いきなりだものね。。。。



でも、もうレッスン始めているとか。

私もね、甥を亡くした時そうだったから良くわかる。

何か、ノーマルな事をしていたいのさ。で、あまり家族について話したくないの。

でも、特別扱いもされたくないから、誰も知らないところに行って、無邪気に笑う人たち、話してくれる人たちの間に居ると、気がまぎれるの。

でもね、

時間が必要。


昨日、自分がマキシミリアンに話して、自分で気づきました:
「マックス、私だって、今があの頃より幸せではないのよ。ずっと一緒だよ。」

(略)
「うちの兄貴夫婦はね、一ちゃん(甥)なくなる前に、植物人間になっても、一生面倒みよう、って最初誓ったのだけど、やっぱりそれじゃ、周りの人にも、本人にもかわいそうだからって、逝かせてあげたんだよ」


そうだな~~~

私もまだ乗り越えちゃいないんだな。。。


ハイジ
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-11-08(Wed) 08:35:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。